BL漫画の感想を集めました!おすすめの一冊をストーリー重視で推薦

今回は、おすすめのBL漫画を4人の方に紹介してもらいました。

今後も随時追加予定なので楽しみにしていてください。

それでは順番に紹介しましょう!!

カラーレシピ

カラーレシピの立ち読みはこちら
カラーレシピの立ち読みはこちら

40代女性 立ちブリッジさんより推薦

私がお勧めするのははらだ先生の「カラーレシピ」です。

はらだ先生といえば「やたもも」や「よるとあさの歌」などなど、たくさんの作品を出されている先生ですが、この先生の描くBLはとにかくクレイジーです!「カラーレシピ」は、ある美容室に勤める笑吉と、新しく入ってきた福介との間に巻き起こる日常を描いたものです。

接客業でありながら客と上手くコミュニケーションが取れない笑吉とは反対に、福介は指名客が多く、とても優秀な美容師です。2人の意見はいつも合わずに喧嘩ばかりしてしまいますが、福介と関わっていくうちに、段々と笑吉は彼に惹かれていきます。

しかし!!これで終わらないのが本作です。

本作は最後まで読んだ人しか分からない、あるとんでもない真実が隠されているのでした。 「カラーレシピ」には他のBL作品とは違う、ドキドキハラハラする展開が待ち受けています。自信を持っておすすめします。是非読んでみてください。

題名の意味がわかった時、きっと鳥肌が立ちますよ!

リンクス


リンクスの立ち読みはこちら

リンクスの立ち読みはこちら

10代女性 翡翠さんより推薦

CPが4組いる、オムニバス形式の漫画です。
初々しいカップル、切ない恋のカップル、ほのぼのするカップル、一言では言い表せない深い関係のカップルがそれぞれいて、同じストーリーの中で「リンク」して話が展開されていきます。

この話は、BL漫画の特有のシーンはほとんどありません。
そういったシーンが苦手で、カップルがくっつくまでの過程を楽しみたいという方にはぜひおすすめしたいです。

また、この漫画は何よりもタイプの違う4組のカップルを、一度に楽しめるということが魅力です。全体的にはシリアスな雰囲気ですが、ところどころにあるギャグが和ませてくれますし、綿密に構成されたキャラの関係性や気持ちの変化がとても素敵な作品です。

初見だと、キャラの見分けが付きにくかったり、コマが小さくて見にくいと感じる人もいるかもしれませんが、これは何度も読み返すのが醍醐味の漫画だと思います。何度も読み返して、このキャラはこの時はまだこんな気持ちだったのかなと想像するのが楽しいと思います。

エスケープジャーニー


エスケープジャーニーの立ち読みはこちら

エスケープジャーニーの立ち読みはこちら

30代女性 湯気さんより推薦

高校時代、心のすれ違いで別れた元彼と大学で再会するところから始まるこの漫画。

少しだけ大人になった2人が歩み寄ったり、心を許したりしながら、それでもまたすれ違う切ないラブストーリーです。

もう、主人公の直人が可愛くて、いじらしくて。見かけはすごくチャラいのに、相手を想いすぎて怖くなって立ち止まっている姿は、元彼の太一でなくてもぎゅっと抱きしめてやりたくなります。

また太一は太一で、直人が本当に大好きなのにその気持ちが先走りすぎているというか、不器用というか、とにかくお前らもっと話し合えばいいんじゃー!っと途中おせっかいを焼きたくなってしまいました。

メインキャラとして女の子が出てきますが、よくある恋のトラブルを起こすためだけの不愉快なキャラクターでなく、十分に意味のある位置づけだし私は非常に好感触。

むしろ彼女が出ていることによって、より2人の恋の継続の難しさというか、行き詰まり感が出ていると思います。

友達でいられれば別れなくて済むのにと内に困る直人と、それでも先に進みたい太一。
この2人の結末は是非ともご自身の目で確かめてください!

ふるえる夜のひみつごと


ふるえる夜のひみつごとの立ち読みはこちら
ふるえる夜のひみつごとの立ち読みはこちら

30代女性 あかりさんより推薦

小椋ムク先生のコミックスデビューの作品で、現在は電子書籍で閲覧することができます。

過去の出来事によってまぶしい光に対して恐怖心を抱くようになってしまった古屋は、寮制の高校に入学したのをきっかけに小柄な体格の氷見と同室として生活を始めます。

小柄でも誰にも負けないような強さを持つ氷見が、過去の出来事によって暗闇を怖いと感じることを知った時、特別な気持ちを抱くようになっていくというお話が、柔らかくて優しいタッチの絵柄で描かれています。
ふんわりとした絵柄とお話の内容は、どことなく癒し系です。

ツンツンした態度の氷見が時折見せる泣き顔や照れた顔がとてもかわいらしく、手を繋いだり、抱き合うのがやっと、といった高校生の甘酸っぱい恋模様にキュンとさせられること間違いなしだと思います。

描写としては直接的な描写はありませんが、その後を妄想させられるような雰囲気が出ていますよ。

コミックスにはほかに3つのお話が収録されていますが、どれもがどことなく不器用でも一生懸命なキャラクターたちが互いに手を取り合おうとする優しいお話でどれもおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク