ハレルヤオーバードライブ!って面白いな【感想・ネタバレ】

今回は、なぜ人気が爆発しないのか不思議で仕方がない「ハレルヤオーバードライブ!」を紹介しよう!

バンド系の漫画では間違いなく一番の面白さなのです!!

最初は興味範囲で読み始めたのですがどんどんその世界に引きずり込まれました。

スポンサーリンク

ハレルヤオーバードライブ!のあらすじ

中学生のの時にギターを弾きながら告白したが振られた主人公。

高校に入ってからも軽音楽部の勧誘を受けて入部することを決意。

しかし、部室があるはずの場所に行ってみるとそこは金属理化学研究部との看板が…しかしそこが軽音楽部であった。バンド勝負や倒すべき敵をみんなで協力して乗り越えていく。

その中での甘酸っぱい恋の予感も…

ちょっとネタバレ!

軽音楽部には様々な問題があり、一つは廃部になってしまうことであった。

良い成績を残せば廃部を回避できるため、多くの大会に挑みます。

また、もう一つは部にいるハルさんという先輩が作曲した「希望 」という曲があるんですが、卒業した先輩にそれを奪われてしまう。その曲をとりもどすために協力していく。

主人公である小雨はまずはギターを買うところから始まりボーカルとして活躍していく。最初は先輩たちのバンドであるメタリカに所属していたのだが、いずれ卒業もするし新たなメンバーを集めなければいけなくなる。結果的には新たなバンドであるティアドライブが出来上がる。

恋愛もテーマのひとつ

恋愛の場面では、小雨はハルさんのことが好きだったのですが、いずれハルさんも気づかないうちに小雨に惹かれていくことになる。

でも!

うららという同期も小雨のことが好きで三角関係にもなりたまに亀裂が生じる。

最大の魅力は心に残る名言

また、心に残る言葉もメンバーが残しています。

「君は音楽の魔法を信じるかい?恋と一緒だよ」

これはハルさんの言葉であり、いつのまにかその音楽を好きになっているように、いつのまにか恋しているという意味で小雨に向けて言った言葉である。

小雨も「音楽は記憶をとじこめることができる」と言葉を残している。

わかりやすく言うと天国と地獄を聞けば運動会の頃を思い出したりするように特定の音楽を聞くことで、その時の記憶を思い出すことができる。とにかく心に残る名言が多いですね!

本当におすすめなんで読んでみて!

冒頭では、バンド系で間違いなく一番。と書いたのですが、漫画の中でもトップランクですね。

巻が進むにつれて、絵がきれいになり演奏中の表現も感動するほどきれいになっていきます。バンドをしたことがなかったり、興味がなかった僕がここまでハマるとは思いませんでした。

演奏中の表現が、音が聴こえるほどに美しい!

そんな漫画です。

 

ちなみに、僕は漫画の最終巻が大っ嫌いなんだよね。

ああ、この物語は終わってしまうんだ・・・、という虚しさで読んでいられなくなる。

だけど、今回紹介したハレルヤオーバードライブは、

そんな感じが全然しませんでした。

 

最後に、

この漫画は、1巻と最終巻を並べて読むとセリフだったり行動が対比していて、

かなり作り込まれていることがわかります。

久々に感動!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク