【書評】埼玉をディスるだけの漫画「翔んで埼玉」の続きが読みたい

ふと、コンビニで目を引く漫画を見つけた。

表紙にはでかでかと「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!」の文字が!

ちなみに僕は、埼玉県民です。そして、この本を買ったのも、この漫画の著者も元埼玉県民。思わず買ってしまいました!!

ほら!書いてある!!

草なんて食べないし!!(もしゃもしゃwww)

スポンサーリンク

翔んで埼玉とはどういう漫画なのか?

その特徴は、

  1. 埼玉をとにかくディスる
  2. なんだかんだでBLになる(パタリロの作者だから)
  3. 短い、3話で終わる

そして!!茨城県をさらにディスる!!!

けど、僕は埼玉県民だから茨城県のことは置いておく。

近くて遠い。そんなイメージ。僕はどっちかっていうと都民よりだし。茨城県民は埼玉県に出稼ぎにくるんだよ。埼玉県民からも強いたげられるのだ。(漫画の話!)

 

では、埼玉とはどんなところなのか?

rps20160313_225735

※画像は「翔んで埼玉」より引用

THE DOINAKA!

完全にグンマーな扱い。秘境埼玉っておい!

文明が発達していない埼玉県民は、都内へ出るのに通行手形がいる。だから山手線なんて夢の中でしか行けない。

都民からは家畜のように扱われているのだ。なんだ、この漫画!

翔んで埼玉のストーリーは?

ではこんな埼玉をディスるためだけにあるような漫画のストーリーは、どんなものなのか?

詳細は買って読んでほしいけど、なんだかんだでBLになる。そんな感じのギャグ漫画だよ。絵柄は古い。

だって、この漫画古いし!

個人的に気になるのは、埼玉を題材に扱っているわりにはご当地ネタが少ないと感じるところ!これじゃ埼玉の宣伝にはならないね。

 

グンマーは秘境ネタで有名になったのだから、何もない埼玉にも何かネタになるものが欲しい。そんな可能性を感じて買ってみたけど、そもそも古い漫画ということもあって期待は出来ない。

というか、全3話って短い!

 

作者が埼玉から引っ越してしまい、ネタに出来なくなったことが原因でストーリーも途中で終わっている。横浜に住みながら埼玉をネタにしたら、ただの嫌なやつだし仕方ないかな。

 

じゃあ、最後に笑ったシーンを紹介して終わろう。

こちら↓↓

rps20160313_225637

※画像は「翔んで埼玉」より引用

所沢っていいところだよ??!

そんなに嫌かぁーー??

埼玉県民の僕からしたら、むしろ住みたい。そんな町です。

皆さま、機会があればぜひ埼玉に遊びに来てください!(遊ぶとこなんてないけどさ!)

うん。埼玉県民は自虐ネタが好きなのかもしれない。

 

以上。

日曜日の夜中、風呂上がりの湿った髪をいじりながら…

愛機、SOL24より文章を贈る。

スポンサーリンク
スポンサーリンク